Skip to content

カテゴリー: photos

つた

最近は、めっきりスナップを撮る回数が減ってきた。
前回からこの写真をアップするまで2ヵ月経っている。
だからどうこうということではないけれど、そして写真に興味がなくなったわけではないけれど、ペースがダウンしてるとうことなんだろう。

最近の自分のおもろい傾向は、デザイン的に気に入らない機材は使いたくないといもの。
人生折り返し地点を過ぎたからなのか、なんなのかわからないが、直感で気に入らないものを理屈でかき消しながら付き合うことが出来なくなってきている。
例えば、このレンズは不格好だけれども写りはいいから使おうとか、そーいうのができない。
逆に、画質とか、写りとかはある一定の水準をクリアしていれば、そんなに気にならなくなった。むしろデザイン、カタチ。

デザインというのは僕にとって思っている以上に影響力やパワーを持っているようで、気に入らないフォルムやデザイン、色味のモノや道具を無理して使うと具合がわるくなる。
逆に、気に入っていて馴染むようなものを使うと自然でいられる(特に気分が高揚するわけではない。)
そんなのあたりまえか。。

ちなみに最も心地良いと感じるデジタル一眼レフカメラのデザインは
Canon EOS 5D mark II である。

Leave a Comment

車輪

Canon RP + ef 40 f2.8 stm

     

身近な日常の「意味(記憶)」から解放され

身近な日常風景に

ひとつぶの水滴が落ち、無限に響きを発するような 「造形・いろどり」を発見すること

これはまじめな話

僕にとって唯一死ぬまで続く

試みであり、 修行であり、愉しみであり、表現であり

つまりは「生」そのものである

  

  

Leave a Comment

道端の花

Canon RP + ef 40 f2.8 stm

いまや世界中が、新型コロナ、新型コロナである。

まさかここまでの状況になるとは全く想定していなかった。しかも世界中で。

まるで映画を見ているような不思議な感じ。

景気は間違いなく減退し、僕のようなフリーランスは、あまりにも先が見えなさ過ぎて、もがく術もなく、かえって落ち着くしかない状況。

とにかく、感染しないようやるべきことを毎日淡々とやり、日々を丁寧に生き抜くしかない。

緊急事態で国も必死に対応しているのだから国を批判するな、という意見。

全く共感できない。

第二次安倍政権になったときから、政治に対する期待や希望は完全に失せ、この8年、予想通りというよりも、予想を超える政権の劣化に、言葉なく、ただただ精神が疲弊する毎日であったので、今回の新型コロナの政府対応にも、はなから期待していなかった。

そして、案の定、想定外のウルトラ級の劣化対応である。

全世界が同じ緊急事態に陥り、世界各国がそれぞれに国民を守るために様々に現実的な支援策を打つ中、日本政府がいかに国民の命を大切に考えていないか、何を優先しているかが、はっきりと浮き彫りになっている。

ここまで来ても、変わらず国民が今の安倍政権を継続させるのであれば、日本は様々な側面で壊れていくのは明らか。

今回の新型コロナの件が、「政治=生活」という事実に気づく機会となり、多くの人々が政治に関心を持つようになることを切に願うばかりである。

Leave a Comment

夕桜

夕桜
Canon EOS 5D mark 3 + Tamron SP 70-200mm F2.8 G2 (Model A025)


とあることから、お仕事用のカメラシステムをNikonから古巣のCanonへ戻した。
元々はCanonをメインで使っていたのだが、ある時期、Canonの描写に飽きがきてしまい、気分転換的にNikonに変更したのだけれど、どこか根っこのほうで微かな違和感が続いていて、あるご縁のある方の一言でまたCanonに戻した次第。
とはいっても、仕事用のメインレンズは、またもやTamron。
絶大なるコストパフォーマンの良さが一番の理由。人撮りが比較的多い、ということもあるけれど、シャープでありながら硬くならず、暖色系のやさしい画になるところもかなり好き。

僕の場合、望遠レンズは、重くてでかいため、所有していても防湿庫で控えていることが多く、なかなか使ってあげられないのが実際。

でも今回のように新たに入手した際には、テスト撮影で持ち出すのであります。

 

 

夕暮れ
Canon EOS 5D mark 3 + Tamron SP 70-200mm F2.8 G2 (Model A025)

  

やっぱりタムロンレンズは好きですね。長い付き合いになると思います。
Canonの画も僕にとってはホームなので、ホッとする感じで、こちらも長いお付き合いになるでしょうね。
5D mark 3で充分だなあ。

 

夕暮れ
Canon EOS 5D mark 3 + Tamron SP 70-200mm F2.8 G2 (Model A025)

 

 

NikonはD810を使っていたのだけれど、やはり色味にNikon特有の「黄色被り」の癖があって、正直使いづらかったです。最新のミラーレス Z6ではだいぶWBがまともになったとの噂だったけれど、僕的にはそうでもないかなと感じました。相変わらず黄色でした。
Nikonは黒の階調は素晴らしいけど、白を白く撮るのが苦手のように感じましたね。
CanonはNikonよりもダイナミックレンジは狭いけど、白を綺麗に表現できるのが使いやすいと感じるところ。僕はソフトでの色調整が苦手なので。。

 

 

 

夕桜
Canon EOS 5D mark 3 + Tamron SP 70-200mm F2.8 G2 (Model A025)

 

 

 

桜
Canon EOS 5D mark 3 + Tamron SP 70-200mm F2.8 G2 (Model A025)

 

 こういう画はCanon+Tamronの得意とするところ。

  

 

夕暮れ
Canon EOS 5D mark 3 + Tamron SP 70-200mm F2.8 G2 (Model A025)
Leave a Comment