Skip to content

道端の花

もう1月も中旬を過ぎましたが新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

機材更新の時期がきているようで、いろいろあってプライベート用の機材が一新してしまいました。
これまでは、GRのような持ち歩きできるようなサイズのコンデジとマジ撮りできるような一眼レフ機とレンズというセットでしたが、
それらを集約してNikon Z6とZレンズ2本にしちゃいました。

僕にとってコンデジは”大好物”で、高機能がギュッとコンパクトになっているというそのカメラの在り様に惚れて、これまでずーっと常に何かのコンデジが手元にありました。
しかし振り返ってみると、常に持ち歩いてバシバシ撮ってきたのかというと、そうではなくて、そもそも大事にするがゆえに普段から持ち歩くことはせず、持ち出すのはほんとうに時々で、コンデジが「ある」ということだけで心が落ち着くという、どこか”お守り”的な存在だったのかなと。
コンデジを持つということが癖だったような。

バシバシ使わなかった理由を考えてみると、まず第一に小さなセンサーサイズかなと。やっぱりフルサイズのボケ感を知ってしまうと、小さいセンサーで撮ったときのボケの感じに違和感を持ってしまうし満足できないというのが本当のところかなと。
フルサイズセンサーのコンデジもいくつか出ているけど、とっても高価。なのでそもそも手が出ないし、そこまで出すのならば仕事用の機材購入に予算をまわすよ、という感じなので。

それでもう一つの一眼レフ機のほうも、なんだかんだ言って持ち出さない。
持ち出そうと思ったときは、軽いほうのコンデジを手に取るという。
結果、コンデジも一眼レフ機もどちらもあまり使わない結果となる。

それと、なぜかふと飽きてしまう。
持ち歩き用ということで、失くしたり壊したりして心が痛くならないよう、比較的安価なカメラを持つわけだけど、時々来る機材更新ウェーブの際に、どうしても下取り要員になって消えて行ってしまう。それでさみしくなってまた別のコンデジを導入するという繰り返し。
一眼レフ機のほうもしかり。

もーそろそろその輪廻はおなかいっぱいだろうと。(〇〇沼ともいう)

で今回はじめて手持ち機材の中から、コンデジの存在が消えました。
もうお守りは要りません(笑)
大人にならねばね。
齢53なのだから

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA