Skip to content

fototsubu Posts

道端の花

道端の赤い花

Nikon D600 + TAMRON SP 90mm F2.8 Di macro VC USD F017

マクロレンズを持ち出してスナップ撮影したのは何年ぶりだろうか?というくらい久しい。
面白がっていろんなレンズをとっかえひっかえ入手しては試していたころ以来、つまり2012年以来の7年ぶりくらいだと思う。
90mmという焦点距離は僕はほとんど使ったことがなくて、慣れるまで時間がかかると思った。
それと手振れ補正付きとはいえ、近接撮影でブレずにとるのはなかなか難しい。

話は突然変わるけれど、(自身のハートに)素直で正直に生きるということって大切なんだなーと、齢52にもなって改めて感じ入るとは思いもよらなかった。
というのは、なぜだか最近は仕事で縁する方々が、ことごとく天真爛漫というか中身少年というのか、よく言えば「純粋」で「自由」、悪く言えば「こども」の方が多くて、自由過ぎてカオス過ぎて仕事がスムーズに運ばないことが多く、何だろなー的な疲労を抱えているのだけど。

そんな中で、ふと感じたのが、そうーいう人達は皆「元気」ということ(笑)
そりゃー好き勝手言ったりやったりなんだから、元気じゃないわけないでしょう!?と嫌みの1つも言いたくなるところだけれど、それにしてもだよ、元気なわけ。
活き活きしているのです。
それで明るい。
その時その時で言うことが違ってるので「いやそれ前に言ったことと違うから」と混乱することが多く腹も立つのだが、何せ当人は屈託なく明るく本気で真剣だからそーいう突っ込みも面倒になってしまうというか、結局許容してしまう。

「元気で明るく裏表がなくて後にひかない」というシンプルな気質というのは、なんというんでしょうね、何かトラブルがあってもなぜだかさらっと問題を無効化してしまうようなとろこがあって
(でも解決しているわけではない(笑))
で結局「●●さんだからしょーがねーなー」ということになってしまって。

とはいえ、それって何か生きる上でとても大切なことというか、必要なおおらかさというか、多少の問題はあったとしても、みな元気に健やかに楽しく過ごせればそれでいいんじゃないのかなーという気分にさせられるパワーがあるのだなーと。

そーいえば、自分自身も小中学校の頃はこんな感じで元気に明るく支離滅裂なことを平気に元気にやっていてよくみんなに笑われていたなーという記憶がよみがえってきて、あのころの自由な自分というのはいつのまにか経験を重ねるなかですっかり閉じ込められて封印してしまったのかなーと、ふと感じたのでした。
今、出会っている一見、支離滅裂なパワフルな方々は、本来の元気な自分自身を思い起こさせてくれるご縁なのかなと。

Leave a Comment

近所

近所

sigma dp2 quattro

 

sigma dp2 quattro を首から下げて、散歩しながらスナップを撮る。
この撮影スタイルは、僕が写真をはじめたころの原点のスタイル。
2011年の1月頃、sigma DP2sを新品で購入して、訳も分からず近所をうろうろしながらスナップをとり始めた。
そのころは露出の知識などさっぱりわからず、絞り優先オートで絞りをコントロールすればボケ具合が調節できる、ということだけ断片的に知っていたので、それで撮っていた気がする。
ペチッというレンズシャッター独特の小さな音。
DP2sよりはずいぶんとボディが大きくなったけれど、むしろ「写真機」的な雰囲気が増してdp2 quattro のほうが好きかも。
9年ほどいろんなカメラやレンズを使ってみたり、人撮りや物撮りの経験などもしてきたけれど、いちばんしっくりくるのは、こうして一人で散歩してスナップを撮ることなんだなーと、再認識した次第。

Leave a Comment

葉影

葉影

sigma dp2 quattro

葉の影は、影が映る場所と葉の間の距離が長いほど影の輪郭がボケる。
近接すると輪郭がはっきりする。
この写真は輪郭がボケている例。
はっきりした影も、輪郭のあいまいな影も、どちらも味わい深い。

Leave a Comment

かげ

かげ

sigma dp2 quattro

いつか、道端のスナップ作品を集めた写真集を作りたいと思っている。
都会の道端でも田舎の道端でも、どんな道端でも、ほとんど見過ごして気づいていない美しい場面や瞬間があって、日常に潜んでいる美を掘り起こしたような写真を集めてみたいなと。
と簡単に書いてるけれども、おそらくこれは写真をやっている人であれば、ほとんど考え付くテーマであり、チャレンジされているものだと思うし、そう簡単に撮れるものでもないことは、もう10年くらいやっているのでわかっているつもり。
だけど僕なりのものを記念に作ってみたいなーと。

Leave a Comment

さび

さび

sigma dp2 quattro

ひさびさに SIGMA dp2 quattro で撮影。
その時に使いたいカメラには旬があって、今、やっと dp2 quattroという感じ。
以前に入手しては使わずに売る、を2回ほど繰り返したカメラで(そーいうカメラは幾つもある)この度3度目の入手。
なんだか最近は画質とか色味とかは多少どうでもよくなっていて、このカメラに関してはカメラの外観デザインと放っているオーラが気に入って再入手したのでした。
いや、やっぱりデザインは最高ですね。⇒ https://www.sigma-global.com/jp/cameras/dp-series/#dp2

Leave a Comment

古い建物

古い建物

Nikon D810 + TAMRON 35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (A043)

ポートレート用に新たに入手したTAMRON 35-150mm(A043)のテストショット。
ここのところ、気づいてみると、レンズのほとんどがタムロンになっている。
ほどよいシャープさと柔らかさのバランス。そしてやや彩度高めで暖色系の色味が気に入ってます。
タムロンは“タム9”でお馴染みのマクロレンズが有名ですが、もちろんこのレンズは素晴らしいのだけど、長年高倍率レンズに注力してきた結果なのか、ズームレンズの出来が素晴らしいと感じます。
今回入手したTAMRON 35-150mm(A043)はかなりの出来だし、標準ズームのTAMRON 24-70mm(A032)は本当に使い勝手がよく、仕事で撮る写真などは、9割くらいがこのレンズですね。
デビューから10年以上経っているTAMRON 28-75mm(A09)に至っては今だにズームの中でもトップレベルの描写と感じますね。

Leave a Comment

サイトのお引越し

約6年間使わせていただいた、JUGEMブログをやめて(データはそのまま残していますが)ブログ用としては初めて自分でサーバを借り、ワードプレスをインストールし、独立?ブログを立ち上げてみました。

自分専用のサーバのため、いろいろとカスタマイズできそうなので、ゆっくりあそんでみたいと思っています。

Leave a Comment